• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦力外」まで物色 メジャー球団と代理人が日米野球で大攻勢

 ある有名選手がFAでメジャー入りする直前の日米野球に出場したときのことだ。

 選手本人やその選手の知人の携帯電話は、昼夜を問わず鳴りっ放しだった。電話のほとんどは日米野球で来日した代理人たちから。まだ代理人を正式に決めてなかったこともあって、「自分がぜひともエージェントをやりたい」「とりあえず会って話だけでも聞いてもらいたい」「一緒に食事はできないか」といった内容がほとんどだったらしい。

 今年の日米野球は12日、京セラドーム大阪で第1戦が行われる。それに伴って米国からはメジャーのフロント幹部、スカウト、代理人たちがすでに大挙して来日。ネット裏からメジャー挑戦がウワサされる金子千尋(31=オリックス)や前田健太(26=広島)はもちろん、プロ2年目でまだ予備軍とも言えない大谷翔平(20=日本ハム)らの品定めをする一方、グラウンド外でもさまざまな攻勢をかけるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事