サイ・ヤング賞 ダル2位、岩隈3位で年俸どうなる?

公開日:  更新日:

<M・シャーザーが受賞>

 日本人先発投手にバブルが到来しそうだ。

 最も活躍した投手に贈られるサイ・ヤング賞が13日(日本時間14日)に発表され、タイガースのマックス・シャーザー(29)が選ばれた。シャーザーは32試合に登板し、21勝3敗、防御率2.90。サイ・ヤング賞は全米野球記者協会(BBWAA)会員の投票(5人連記方式、1位7点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点)で決まる。シャーザーは投票した30人のうち28人から1位票を集め合計203点だった。

 最終候補に残っていたレンジャーズ・ダルビッシュ有(27=13勝9敗、防御率2.83)は2位、マリナーズ・岩隈久志(32=14勝6敗、防御率2.66)は3位だった。日本人投手に1位票は入らず、ダルは93点、岩隈は73点。今季途中から守護神を務めたレッドソックス・上原浩治(38)は10点を獲得し7位に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る