日米で雲泥の差 「分配金」と「補強」がメジャーPS熱狂の源

公開日: 更新日:

 連日、手に汗握る熱戦を繰り広げているのが米メジャーリーグのプレーオフだ。

 去る7日(日本時間8日)はジャイアンツとカージナルスがともに1点差で競り勝ち、ア、ナ両リーグの優勝決定戦に進む4チームがすべて出揃った。

 延長十八回に決着した4日(日本時間5日)の地区シリーズ、ジャイアンツ対ナショナルズ戦は、実に6時間23分に及ぶプレーオフ最長記録。7日現在、プレーオフ16試合中、10試合が1点差、4試合が延長戦までもつれ込んだ。頂点のワールドシリーズ制覇に向け、目の離せない戦いが続いている。

 選手はレギュラーシーズンの162試合が終了したばかり。今年は1日休んだだけで、プレーオフに突入した。心身ともヘロヘロのはずなのに、それでも目の色を変えるのはなぜか。

「大きいのはカネでしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る