日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地元「スポーツ大賞」受賞の西武・秋山 首位打者への課題

「カレー好きでよく食べます。賞味期限がこないうちに食べないと」

 今季、日本新記録の年間216安打を放った西武の秋山(27)が地元・横須賀市の「スポーツ大賞」を受賞。「横須賀海軍カレー」216食を贈られた。

 一躍地元のヒーローになった安打製造機だが、今季はこれだけの安打を放ち、打率・359の高打率を残しながらも、柳田(ソフトバンク)に首位打者(・363)を譲った。本人もさぞ悔しかっただろう。

「課題が解消されれば、もっと安打が増えて、打率も上がるはず」とはパ球団のスコアラー。

 その一つがエース級の投手を打ち崩すことだという。日本ハム・大谷(.150)、ソフトバンク・武田(.222)、ロッテの涌井(.269)、イ・デウン(.167)、楽天・則本(.280)らに苦戦。交流戦では巨人の菅野相手に4タコに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事