山田に続き川端も年俸大幅増 ヤクルト選手は“粘るが勝ち”

公開日: 更新日:

 大盤振る舞いである。

 今季、首位打者、最多安打のタイトルを獲得したヤクルトの川端慎吾(28)が14日に契約更改。8500万円から約1.9倍増となる1億6000万円プラス出来高の4年契約でサインした。

 川端は順調にいけば、来季中に国内FA権を取得する予定だった。

 倍増近い増額をゲットした川端は、「ヤクルトで野球をやりたいし、他球団に行くことはあまり考えていません」と、ヤクルト愛を強調。球団は大幅昇給と長期契約でガッチリとハートを掴んだ。

 もっとも、川端は下交渉の段階では、今回の条件よりも低い提示を受けたとみられる。下交渉を経ての増額にさぞかし川端も喜んだことだろうが、「契約更改を終えた同僚の山田も、下交渉の際に希望額に届かず、『ショックでした』と口にしていた。その後の本交渉で8000万円から1億4000万円増の2億2000万円でサイン。大幅増を勝ち取っている。今季打点王を獲得した畠山にしても、当初は不満を隠さなかったが、交渉過程で出来高に幅をつけて最終的に納得したみたい。左腕の久古が交渉の席で200万円の増額を勝ち取るなど、粘って増額になったケースが多かった」(テレビ関係者)。

 また、この日はエースの小川も3500万円増の1億円でサインした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る