山田に続き川端も年俸大幅増 ヤクルト選手は“粘るが勝ち”

公開日: 更新日:

 大盤振る舞いである。

 今季、首位打者、最多安打のタイトルを獲得したヤクルトの川端慎吾(28)が14日に契約更改。8500万円から約1.9倍増となる1億6000万円プラス出来高の4年契約でサインした。

 川端は順調にいけば、来季中に国内FA権を取得する予定だった。

 倍増近い増額をゲットした川端は、「ヤクルトで野球をやりたいし、他球団に行くことはあまり考えていません」と、ヤクルト愛を強調。球団は大幅昇給と長期契約でガッチリとハートを掴んだ。

 もっとも、川端は下交渉の段階では、今回の条件よりも低い提示を受けたとみられる。下交渉を経ての増額にさぞかし川端も喜んだことだろうが、「契約更改を終えた同僚の山田も、下交渉の際に希望額に届かず、『ショックでした』と口にしていた。その後の本交渉で8000万円から1億4000万円増の2億2000万円でサイン。大幅増を勝ち取っている。今季打点王を獲得した畠山にしても、当初は不満を隠さなかったが、交渉過程で出来高に幅をつけて最終的に納得したみたい。左腕の久古が交渉の席で200万円の増額を勝ち取るなど、粘って増額になったケースが多かった」(テレビ関係者)。

 また、この日はエースの小川も3500万円増の1億円でサインした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る