山田に続き川端も年俸大幅増 ヤクルト選手は“粘るが勝ち”

公開日:  更新日:

 大盤振る舞いである。

 今季、首位打者、最多安打のタイトルを獲得したヤクルトの川端慎吾(28)が14日に契約更改。8500万円から約1.9倍増となる1億6000万円プラス出来高の4年契約でサインした。

 川端は順調にいけば、来季中に国内FA権を取得する予定だった。

 倍増近い増額をゲットした川端は、「ヤクルトで野球をやりたいし、他球団に行くことはあまり考えていません」と、ヤクルト愛を強調。球団は大幅昇給と長期契約でガッチリとハートを掴んだ。

 もっとも、川端は下交渉の段階では、今回の条件よりも低い提示を受けたとみられる。下交渉を経ての増額にさぞかし川端も喜んだことだろうが、「契約更改を終えた同僚の山田も、下交渉の際に希望額に届かず、『ショックでした』と口にしていた。その後の本交渉で8000万円から1億4000万円増の2億2000万円でサイン。大幅増を勝ち取っている。今季打点王を獲得した畠山にしても、当初は不満を隠さなかったが、交渉過程で出来高に幅をつけて最終的に納得したみたい。左腕の久古が交渉の席で200万円の増額を勝ち取るなど、粘って増額になったケースが多かった」(テレビ関係者)。

 また、この日はエースの小川も3500万円増の1億円でサインした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る