2.2億円更改も ヤクルトにのしかかる「山田の年俸問題」

公開日: 更新日:

「凄い評価をしていただいたので気持ちよくサインしました」

 8日、ヤクルト山田哲人(23)が契約更改。1億4000万円増の2億2000万円でサインした。

 今季、打率.329、38本塁打、34盗塁で「トリプルスリー」を達成。本塁打王に盗塁王のタイトルを獲得し、チームの14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。希望の3倍増には届かなかったが、当初の提示から上積みを勝ち取ったという。

 さらに来季から山田自身が希望していた背番号「1」へ変更するに当たり、元背番号「1」の米マリナーズ・青木宣親(33)がサプライズで登場。「ヤクルトの『1』は特別な番号。プレーだけでなく人間的なところでもチームを引っ張っていってほしい」と激励されると、「人生で一番ビックリした。背番号『1』に恥じないように、頑張りたい」と気持ちを新たにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

もっと見る