2.2億円更改も ヤクルトにのしかかる「山田の年俸問題」

公開日: 更新日:

「凄い評価をしていただいたので気持ちよくサインしました」

 8日、ヤクルト山田哲人(23)が契約更改。1億4000万円増の2億2000万円でサインした。

 今季、打率.329、38本塁打、34盗塁で「トリプルスリー」を達成。本塁打王に盗塁王のタイトルを獲得し、チームの14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。希望の3倍増には届かなかったが、当初の提示から上積みを勝ち取ったという。

 さらに来季から山田自身が希望していた背番号「1」へ変更するに当たり、元背番号「1」の米マリナーズ・青木宣親(33)がサプライズで登場。「ヤクルトの『1』は特別な番号。プレーだけでなく人間的なところでもチームを引っ張っていってほしい」と激励されると、「人生で一番ビックリした。背番号『1』に恥じないように、頑張りたい」と気持ちを新たにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る