同級生の巨人坂本と1億円の差 西武秋山の年俸は妥当なのか

公開日:  更新日:

「だって、巨人の坂本があの成績で3000万円増の2億5000万円だよ? よその球団の財布のことだけど、それを考えたら安すぎるだろ」

 セ某球団編成担当がこう言った。

 西武の秋山翔吾(27)が30日、8800万円増となる1億5000万円で契約を更改。今季、216安打の日本新記録を樹立し、大ブレークした安打製造機が「『プラスポイントはこれ以上つけようがない』と言われた。本当は倍増ちょい。それにプラスしてこの金額になったと説明を受けました。納得してサインしました」と満面の笑みを浮かべながら交渉の舞台裏を明かしたと聞き、「巨人が査定したら3倍増は堅かったんじゃないか」と言うのである。

 チームで唯一、143試合フルイニング出場を果たした秋山は打率.359、14本塁打、55打点で最多安打にゴールデングラブ、ベストナインと賞を総なめ。ベストナインは満票受賞で、これは13年の田中将大(楽天)以来のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る