• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同級生の巨人坂本と1億円の差 西武秋山の年俸は妥当なのか

「だって、巨人の坂本があの成績で3000万円増の2億5000万円だよ? よその球団の財布のことだけど、それを考えたら安すぎるだろ」

 セ某球団編成担当がこう言った。

 西武の秋山翔吾(27)が30日、8800万円増となる1億5000万円で契約を更改。今季、216安打の日本新記録を樹立し、大ブレークした安打製造機が「『プラスポイントはこれ以上つけようがない』と言われた。本当は倍増ちょい。それにプラスしてこの金額になったと説明を受けました。納得してサインしました」と満面の笑みを浮かべながら交渉の舞台裏を明かしたと聞き、「巨人が査定したら3倍増は堅かったんじゃないか」と言うのである。

 チームで唯一、143試合フルイニング出場を果たした秋山は打率.359、14本塁打、55打点で最多安打にゴールデングラブ、ベストナインと賞を総なめ。ベストナインは満票受賞で、これは13年の田中将大(楽天)以来のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る