同級生の巨人坂本と1億円の差 西武秋山の年俸は妥当なのか

公開日:  更新日:

「だって、巨人の坂本があの成績で3000万円増の2億5000万円だよ? よその球団の財布のことだけど、それを考えたら安すぎるだろ」

 セ某球団編成担当がこう言った。

 西武の秋山翔吾(27)が30日、8800万円増となる1億5000万円で契約を更改。今季、216安打の日本新記録を樹立し、大ブレークした安打製造機が「『プラスポイントはこれ以上つけようがない』と言われた。本当は倍増ちょい。それにプラスしてこの金額になったと説明を受けました。納得してサインしました」と満面の笑みを浮かべながら交渉の舞台裏を明かしたと聞き、「巨人が査定したら3倍増は堅かったんじゃないか」と言うのである。

 チームで唯一、143試合フルイニング出場を果たした秋山は打率.359、14本塁打、55打点で最多安打にゴールデングラブ、ベストナインと賞を総なめ。ベストナインは満票受賞で、これは13年の田中将大(楽天)以来のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る