• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またも初勝利フイ…中日・小笠原の足引っ張るリリーフ陣

 7日のオリックス戦、5回2失点と粘投した中日の高卒ルーキー、小笠原慎之介(18)の勝ち星がまたもや先輩投手に消された。

 今回の「犯人」は開幕31試合無失点の日本記録を継続中だった田島。1点リードの九回のマウンドを託されたものの、西野に同点打を浴び、自身の記録とともに後輩の初勝利までフイにしてしまったのだ。

 一軍デビュー戦だった前回5月31日のソフトバンク戦では、5回1失点で降板後に守護神の福谷が炎上。これで2試合連続、先輩に足を引っ張られた格好である。

 小笠原は降板後、「リズムが悪く、野手のみなさんに助けられた」と話したが、そもそも高卒新人。左ヒジに遊離軟骨を抱えており、2試合とも5回100球前後で降板したのは責められない。問題はやはり、その後だ。

 セットアッパーの又吉は「心の傷」(友利投手コーチ)、福谷も前述のソフトバンク戦後に「どう抑えるか、ハッキリしたものが見えてない」(谷繁監督)と、いずれも二軍落ちして、リリーフ陣は火の車という状態。その上、田島まで崩れたのだから、試合終盤は運を天に任せるしかないというありさまだ。

 小笠原は入った球団が悪かったと開き直るか、いっそ100球で完投を目指すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る