またも初勝利フイ…中日・小笠原の足引っ張るリリーフ陣

公開日: 更新日:

 7日のオリックス戦、5回2失点と粘投した中日の高卒ルーキー、小笠原慎之介(18)の勝ち星がまたもや先輩投手に消された。

 今回の「犯人」は開幕31試合無失点の日本記録を継続中だった田島。1点リードの九回のマウンドを託されたものの、西野に同点打を浴び、自身の記録とともに後輩の初勝利までフイにしてしまったのだ。

 一軍デビュー戦だった前回5月31日のソフトバンク戦では、5回1失点で降板後に守護神の福谷が炎上。これで2試合連続、先輩に足を引っ張られた格好である。

 小笠原は降板後、「リズムが悪く、野手のみなさんに助けられた」と話したが、そもそも高卒新人。左ヒジに遊離軟骨を抱えており、2試合とも5回100球前後で降板したのは責められない。問題はやはり、その後だ。

 セットアッパーの又吉は「心の傷」(友利投手コーチ)、福谷も前述のソフトバンク戦後に「どう抑えるか、ハッキリしたものが見えてない」(谷繁監督)と、いずれも二軍落ちして、リリーフ陣は火の車という状態。その上、田島まで崩れたのだから、試合終盤は運を天に任せるしかないというありさまだ。

 小笠原は入った球団が悪かったと開き直るか、いっそ100球で完投を目指すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る