日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強力SB打線ピシャリ 中日・若松が故郷福岡で“恩返し”快投

 まさかの快投だった。強打のソフトバンク打線に対し、内角をズバッズバッと突く強気の投球で8回3安打無失点。今季5勝目を挙げて、ソフトバンクの連勝を8で止めた。ソフトの無得点は今季初である。

 福岡・久留米の祐誠高から12年ドラフトの7位指名で中日入り。3年目の昨年、6月2日の西武戦(ナゴヤドーム)でプロ初勝利を挙げると、「スカウトの渡辺(麿史)さんにウイニングボールを渡したいと思ってずっとやってきた。ありがとうと伝えたい」と涙をこらえて語った。

 球界OBは「故郷の福岡で、ソフトバンク打線を抑えた見事な投球は、天国の渡辺さんも満足しているに違いない」と言って、こう続ける。

「大分出身の渡辺さんは、90年から中日の九州担当スカウトになり、若松を祐誠高1年時から目をつけた。その時は遊撃手だったそうですが、渡辺さんは監督に投手転向をすすめて2年秋からエースになったのです。福岡の選手ですから、ソフトバンクのスカウトも当然リストアップしていたはずです。でも、渡辺さんが早くから若松や関係者と太いパイプを築いていたことで、遠慮といってはおかしいですが、手を引くような形になったと聞いています。その渡辺さんは14年2月、57歳の若さで急性白血病で他界した。若松は渡辺さんにプロ初勝利を見せられず、大いに悔やんだものです。渡辺さんが亡くなった翌年に10勝を挙げ、今年は福岡で日本一打線をキリキリ舞いさせた。目が正しかったことを証明してくれた若松の投球に、天国の渡辺さんも、きっと目を細めていると思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事