“廃止論”再燃か 12年目迎える「セ・パ交流戦」が立つ岐路

公開日: 更新日:

 今年で見納めになるかもしれない。

 2004年の球界再編問題をきっかけに、パの集客に貢献しようと05年から始まったセ・パ交流戦。当初は、ホーム3試合、ビジター3試合の全12カード、計36試合制で行われていたが、07年からはホーム、ビジターで各1試合減となり、計24試合制になった。

 さらに昨年からは18試合に減り、15年にホームで行ったカードを今年はロード、15年にロードで行ったカードを今年はホームという具合に、今年でホーム&ビジターの総当たりが完結する。

 しかし、今後も交流戦そのものが継続されるかは疑問だ。

 昨年のセは、首位DeNAと2位巨人が、それぞれ貯金10と6で交流戦に突入。3位以下のチームは勝率5割を切っていた。それが、パの6年連続10回目の勝ち越し(61勝44敗3分け)で終わると、セの5割以上は巨人(貯金2)だけになった。その巨人もリーグ戦が再開されるとすぐに貯金はパー。セの6球団すべてが5割を切り、首位ヤクルトから5位広島までが0.5差というダンゴ状態を生んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る