“廃止論”再燃か 12年目迎える「セ・パ交流戦」が立つ岐路

公開日: 更新日:

 今年で見納めになるかもしれない。

 2004年の球界再編問題をきっかけに、パの集客に貢献しようと05年から始まったセ・パ交流戦。当初は、ホーム3試合、ビジター3試合の全12カード、計36試合制で行われていたが、07年からはホーム、ビジターで各1試合減となり、計24試合制になった。

 さらに昨年からは18試合に減り、15年にホームで行ったカードを今年はロード、15年にロードで行ったカードを今年はホームという具合に、今年でホーム&ビジターの総当たりが完結する。

 しかし、今後も交流戦そのものが継続されるかは疑問だ。

 昨年のセは、首位DeNAと2位巨人が、それぞれ貯金10と6で交流戦に突入。3位以下のチームは勝率5割を切っていた。それが、パの6年連続10回目の勝ち越し(61勝44敗3分け)で終わると、セの5割以上は巨人(貯金2)だけになった。その巨人もリーグ戦が再開されるとすぐに貯金はパー。セの6球団すべてが5割を切り、首位ヤクルトから5位広島までが0.5差というダンゴ状態を生んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る