中日ビシエドが豪快弾 セ打撃タイトル争いに割って入る

公開日:  更新日:

 タイトルストッパーが現れてしまった。

 中日ビシエドはヤクルト戦の七回、14号3ランを放ち試合を決めた。これで、リーグ最多となる15号のヤクルト山田、バレンティンに1本差。ちなみに39打点も、トップのバレンティン、丸(広島)に4点差だ。

 昨年、3割、30本塁打、30盗塁のトリプル3を達成した山田はもっか、打率.328(リーグ3位)、15本(同1位)、34打点(同7位)、13盗塁(同1位)。2年連続のトリプル3どころか、史上初の4冠王も狙える位置にいるのだが、広いナゴヤドームの上段に突き刺さる豪快なホームランを打ちまくるビシエドが出てきてはそれも無理か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る