• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「プロ棋士という仕事」青野照市著

 将棋は敗れたときに相手に「負けました」と頭を下げなければならない精神的に厳しい競技だ。ずっと勝ちだと思っていたのに、最後に大悪手を指して負けたときは悔しくて「負けました」の声が出ないこともある。著者のいちばんつらかった「負けました」は故村山聖八段戦だった。負ければB級2組への降級の可能性が高かったからだが、他の棋士が降級したため著者は降級を免れた。数カ月後、村山八段ががんで亡くなり、将棋を指したくても指せない人がいると思ったときから「負けました」が怖くなくなった。

 対局中の右脳と左脳の葛藤、「目隠し将棋」ができる理由など、現役の棋士が将棋界のナゾを解説。(創元社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る