「プロ棋士という仕事」青野照市著

公開日:

 将棋は敗れたときに相手に「負けました」と頭を下げなければならない精神的に厳しい競技だ。ずっと勝ちだと思っていたのに、最後に大悪手を指して負けたときは悔しくて「負けました」の声が出ないこともある。著者のいちばんつらかった「負けました」は故村山聖八段戦だった。負ければB級2組への降級の可能性が高かったからだが、他の棋士が降級したため著者は降級を免れた。数カ月後、村山八段ががんで亡くなり、将棋を指したくても指せない人がいると思ったときから「負けました」が怖くなくなった。

 対局中の右脳と左脳の葛藤、「目隠し将棋」ができる理由など、現役の棋士が将棋界のナゾを解説。(創元社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る