「改革」井上康生著

公開日:  更新日:

 ロンドン五輪惨敗の責任を取って辞任した篠原信一の後を継いで、著者は全日本男子強化チームの監督に就任した。日本の柔道界は伝統を守ることにとらわれているが、それではいけない。他国の柔道は、それぞれの国で育まれた格闘技などの要素を取り入れて独自のスタイルをつくっている。

 選手引退後、英国に留学した井上は、各国のチームの練習時間が日本よりずっと短いのに強いことに目を向けた。そして、彼らが現実の試合と試合進行に合わせた効率の良い練習をしていることに気がついた。

 リオデジャネイロ五輪で、監督として東京五輪以来の「全階級メダル獲得」を達成した井上が、日本柔道の「改革」を語る。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る