「改革」井上康生著

公開日: 更新日:

 ロンドン五輪惨敗の責任を取って辞任した篠原信一の後を継いで、著者は全日本男子強化チームの監督に就任した。日本の柔道界は伝統を守ることにとらわれているが、それではいけない。他国の柔道は、それぞれの国で育まれた格闘技などの要素を取り入れて独自のスタイルをつくっている。

 選手引退後、英国に留学した井上は、各国のチームの練習時間が日本よりずっと短いのに強いことに目を向けた。そして、彼らが現実の試合と試合進行に合わせた効率の良い練習をしていることに気がついた。

 リオデジャネイロ五輪で、監督として東京五輪以来の「全階級メダル獲得」を達成した井上が、日本柔道の「改革」を語る。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る