「横綱」武田葉月著

公開日: 更新日:

 第45代の若乃花幹士(初代)は、昭和21年に北海道で巡業中の後の師匠、大ノ海関に誘われ入門。10人兄弟の長男として一家の家計を支えていた氏は、3年で関取になると兄弟に誓って、故郷を後にする。自分と同じく小柄ながら、同門の先輩を次々と倒していた栃錦との初対戦は前頭筆頭だった昭和26年5月場所。以来、栃若時代と呼ばれる名勝負を重ねるが、この初戦が相撲人生の一番の思い出の取組だと語る。

 その他、序ノ口で貴花田(後の横綱貴乃花)と初対戦して以来、若貴兄弟を追い越すために毎日けいこに励んだという曙(第64代)など。白鵬ら現役も含め歴代22人の横綱が、「綱の重み」を語るインタビュー集。

(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る