「横綱」武田葉月著

公開日:

 第45代の若乃花幹士(初代)は、昭和21年に北海道で巡業中の後の師匠、大ノ海関に誘われ入門。10人兄弟の長男として一家の家計を支えていた氏は、3年で関取になると兄弟に誓って、故郷を後にする。自分と同じく小柄ながら、同門の先輩を次々と倒していた栃錦との初対戦は前頭筆頭だった昭和26年5月場所。以来、栃若時代と呼ばれる名勝負を重ねるが、この初戦が相撲人生の一番の思い出の取組だと語る。

 その他、序ノ口で貴花田(後の横綱貴乃花)と初対戦して以来、若貴兄弟を追い越すために毎日けいこに励んだという曙(第64代)など。白鵬ら現役も含め歴代22人の横綱が、「綱の重み」を語るインタビュー集。

(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る