• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「横綱」武田葉月著

 第45代の若乃花幹士(初代)は、昭和21年に北海道で巡業中の後の師匠、大ノ海関に誘われ入門。10人兄弟の長男として一家の家計を支えていた氏は、3年で関取になると兄弟に誓って、故郷を後にする。自分と同じく小柄ながら、同門の先輩を次々と倒していた栃錦との初対戦は前頭筆頭だった昭和26年5月場所。以来、栃若時代と呼ばれる名勝負を重ねるが、この初戦が相撲人生の一番の思い出の取組だと語る。

 その他、序ノ口で貴花田(後の横綱貴乃花)と初対戦して以来、若貴兄弟を追い越すために毎日けいこに励んだという曙(第64代)など。白鵬ら現役も含め歴代22人の横綱が、「綱の重み」を語るインタビュー集。

(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る