「文士の遺言」半藤一利著

公開日:  更新日:

 永井荷風は日本にいながら日本からの〈亡命者〉であり続けた。太平洋戦争が始まったころ、他の作家は真珠湾攻撃の勝利に興奮していたが、荷風はひとり興奮せず、日記「断腸亭日乗」で冷静に世の中を観察していた。著者はそれを「グラグラと沸騰する鍋の底にゴロンと転がる石」と評する。さらに著者は、荷風がごくごくご機嫌な時は「日乗」にそっと月を出すことに気づく。

 B29による空襲がひどかった時期は、月はまったく出てこないのに、終戦後は「……深夜月佳なり」(八月十九日)のようにやたらと月が出てくるという。(「漂泊の達人、永井荷風」)

 薫陶を受けた作家との日々の回想記。読み手としての著者の眼光の鋭さと深さに脱帽する一冊。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る