「文士の遺言」半藤一利著

公開日: 更新日:

 永井荷風は日本にいながら日本からの〈亡命者〉であり続けた。太平洋戦争が始まったころ、他の作家は真珠湾攻撃の勝利に興奮していたが、荷風はひとり興奮せず、日記「断腸亭日乗」で冷静に世の中を観察していた。著者はそれを「グラグラと沸騰する鍋の底にゴロンと転がる石」と評する。さらに著者は、荷風がごくごくご機嫌な時は「日乗」にそっと月を出すことに気づく。

 B29による空襲がひどかった時期は、月はまったく出てこないのに、終戦後は「……深夜月佳なり」(八月十九日)のようにやたらと月が出てくるという。(「漂泊の達人、永井荷風」)

 薫陶を受けた作家との日々の回想記。読み手としての著者の眼光の鋭さと深さに脱帽する一冊。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る