「星の子」今村夏子著

公開日: 更新日:

 林ちひろは生まれて間もなく全身に湿疹ができ苦しんでいたが、どんな薬も効かず両親は弱り果てていた。そんな折、父の同僚から、これを使ってみろと「金星のめぐみ」という水を渡される。試しにその水でちひろの体を洗ってみると、2カ月で湿疹は完治。以来、両親はその水を販売するあやしげな宗教にのめり込んでいく。

 ちひろは両親に言われるままに宗教セミナーに参加したりしていたが、エネルギーを取り込むために、頭に水で湿らせたタオルをのせる姿は周囲から気味悪がられ、学校に入ると友達も寄りつかなくなる。5歳上の姉は、妹ばかりに注意を向け、妙な宗教に入れ込む両親に反発し、家を出ていってしまう。中学3年生になったちひろは、そんな自分の環境を受け入れつつも、どこかで別の道もあるのだろうとの複雑な思いを抱えながら、恒例のセミナーに出掛けていく……。

 淡々とした筆致で、解決のない問題を抱えるちひろの心情がつづられていくが、ラストでほのかな希望を抱かせてくれるのは救い。三島賞受賞の新鋭作家の最新作。(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード