「星の子」今村夏子著

公開日:

 林ちひろは生まれて間もなく全身に湿疹ができ苦しんでいたが、どんな薬も効かず両親は弱り果てていた。そんな折、父の同僚から、これを使ってみろと「金星のめぐみ」という水を渡される。試しにその水でちひろの体を洗ってみると、2カ月で湿疹は完治。以来、両親はその水を販売するあやしげな宗教にのめり込んでいく。

 ちひろは両親に言われるままに宗教セミナーに参加したりしていたが、エネルギーを取り込むために、頭に水で湿らせたタオルをのせる姿は周囲から気味悪がられ、学校に入ると友達も寄りつかなくなる。5歳上の姉は、妹ばかりに注意を向け、妙な宗教に入れ込む両親に反発し、家を出ていってしまう。中学3年生になったちひろは、そんな自分の環境を受け入れつつも、どこかで別の道もあるのだろうとの複雑な思いを抱えながら、恒例のセミナーに出掛けていく……。

 淡々とした筆致で、解決のない問題を抱えるちひろの心情がつづられていくが、ラストでほのかな希望を抱かせてくれるのは救い。三島賞受賞の新鋭作家の最新作。(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る