「のこった」星野智幸著

公開日:

 2016年、NHKが「今年は日本人力士の優勝と日本人横綱の誕生が期待される」キャンペーンを始め、日本人力士と外国人力士の線引きを行った。その前年、白鵬・稀勢の里戦でおっさんが「日本人力士がんばれ!」と言ったので、著者はぶち切れて「白鵬! 白鵬!」と叫んだ。一方、「スー女(相撲女子)」には「モンゴル人だから」という境界はない。鶴竜は横綱なのに「かわいい」から好きなのだし、稀勢の里は「日本人だから」でなく「魔性の男」だから好きなのだ。著者はスー女と、元琴欧洲ら外国人親方に平等に相撲が取れる環境づくりを期待する。「日本人ファースト」が蔓延する角界を憂う相撲ファンの熱い思いがこもった一冊。

(ころから 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る