• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「のこった」星野智幸著

 2016年、NHKが「今年は日本人力士の優勝と日本人横綱の誕生が期待される」キャンペーンを始め、日本人力士と外国人力士の線引きを行った。その前年、白鵬・稀勢の里戦でおっさんが「日本人力士がんばれ!」と言ったので、著者はぶち切れて「白鵬! 白鵬!」と叫んだ。一方、「スー女(相撲女子)」には「モンゴル人だから」という境界はない。鶴竜は横綱なのに「かわいい」から好きなのだし、稀勢の里は「日本人だから」でなく「魔性の男」だから好きなのだ。著者はスー女と、元琴欧洲ら外国人親方に平等に相撲が取れる環境づくりを期待する。「日本人ファースト」が蔓延する角界を憂う相撲ファンの熱い思いがこもった一冊。

(ころから 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る