「戦前の大金持ち」出口治明編

公開日:  更新日:

 戦前の実業家たちのスケールの大きな型破りな生き方に学ぶ評伝集。

 長崎の貿易商の息子に生まれた梅屋庄吉は、14歳のときに訪れた上海でアヘン戦争後の大陸の現実に直面。その後、シンガポールや香港で写真館を開いた同氏は、中国の革命家・孫文と出会い、東洋平和の実現を目指し意気投合。進出した映画ビジネスで築いた巨万の富を、孫文に送り続け、辛亥革命を資金面で支えたという。

 その他、小作人の家に生まれ、職を転々とした末に不動産業で稼いだお金をつぎ込んで世界に冠たる美術館をつくった足立全康や、日本の林業の礎を築き、自由民権運動を支援した土倉庄三郎など、7人の傑物の型破りな発想力の秘密に迫る。

(小学館 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る