「昭和芸能史 傑物列伝」鴨下信一著

公開日: 更新日:

<美空ひばりと国民栄誉賞>

 テレビ界の大御所が、国民栄誉賞を贈られた往年の大スターたちの足跡をたどり、その芸の本質を考察した芸能本。

 平成元年に亡くなった美空ひばりの国民栄誉賞受賞が決まったとき「生前にあげておけばよかったのに、申し訳なかったと、日本人皆がいっているような感じだった」と述懐。なぜならこれほどいじめられた人もいないからだという。

 少女歌手時代に人気がありながら嫌悪された理由、そして家族への非難を彼女に転化する世間の背後にあった戦争の名残などを考察する一方で、人々を魅了したその歌声の秘密などにも言及。昭和の歌姫の人生に戦後の日本人の意識の変遷を重ねる。

 その他、長谷川一夫、森繁久弥ら5人を取り上げる。
(文藝春秋 790円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る