「幕末明治異能の日本人」出久根達郎著

公開日: 更新日:

 勤倹節約で知られる二宮金次郎は、〈奇智〉の人でもあった。広大な竹林を金をかけずに畑にしたいと相談され、無料でタケノコ掘り放題と触れまわったら、村人が大喜びでタケノコを掘った。その穴に山芋を植え、今度は山芋掘り放題と言ったら、村人が長い山芋をとるためかなり深く掘ったので竹の根が傷み、竹が枯れた。そこでそれを焼き畑にしたという。金次郎は、無私で、人のために尽くす人だったため、その精神は幸田露伴などに引き継がれ、明治の日本を支えた。

 他に清水次郎長など、幕末明治に生きた〈埋もれた傑物たち〉の人生をエピソードでつづる。(草思社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る