「幕末の女医楠本イネ」宇神幸男著

公開日: 更新日:

 幕末から明治にかけて産科・外科の女医として生きた楠本イネ。吉村昭の小説「ふぉん・しいほるとの娘」や司馬遼太郎の「花神」などに描かれ、「オランダおいね」の呼び名でも知られるが、その生涯は不明なことばかりだという。当人に関する数少ない資料と数多くの周辺資料を読み込み、推察し、イネの実像に迫った人物評伝。

 イネは、長崎の出島にやって来たドイツ人医師シーボルトと、遊女たきの間に生まれた娘。だが、物心ついたとき、父はいなかった。日本地図などを国外に持ち出そうとした「シーボルト事件」で国外追放されたからだ。

 だが、シーボルトは母娘を見捨てたわけではなく、経済支援もしていた。母たきがシーボルトに書き送った手紙によると、イネは容姿が美しく、利口で、性質は男の子のようだった。

「父上の名を汚してはならない」と常々言われて育ったイネは、女ながらに父の家業を継ごうと、医者を志す。伊予宇和島で医術を学び、長崎に帰って25歳で開業。学び足りないと、再び遊学。先駆的キャリアウーマンとして頑張るイネだったが、道は平坦ではなかった。24歳のとき、30歳も年長の医学の師に強姦され、妊娠。娘を産み育てることになった。

 1859年、30年ぶりにシーボルトが再来日。この時シーボルト63歳、イネ32歳。シーボルトは老いた日本の妻たきとの同居を望まなかったばかりか、使用人の16歳の娘を妊娠させてしまう。偉大な父を励みに精進してきたイネは、凍りつく思いだったに違いない。

 女医イネの活動は続く。宇和島の楠本医院には患者が大勢押しかけた。43歳で東京に進出、築地で産科医院を開業した。晩年の資料は少ないが、73歳のイネの写真が載っている。背筋を伸ばし、まっすぐ前を見ているイネは凜として美しい。

(現代書館 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る