「マトリョーシカ・ブラッド」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 5年前、神奈川県の陣馬山に遺体を埋めたと110番通報があった。「埋まっているのは香取富士夫だ」と聞いて、彦坂巡査部長は現場に向かう。

 発見された白骨死体の横にはマトリョーシカが埋まっており、その中には液体の入った小瓶があった。香取は7年前のムラナカ事件の関係者だった。東雲総合病院でムラナカ製薬が開発した抗がん剤の新薬を投与されていた患者が2人、急死した。内科部長だった香取にムラナカ製薬との癒着の疑惑がかけられたが、部下の内科医が自殺したため不起訴となった事件だった。続いて八王子で発見された死体のそばにもマトリョーシカが置かれていた。

 組織ぐるみで隠蔽したはずの事件に向かい合う刑事を描く。大藪春彦賞受賞第1作。

(徳間書店 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る