「マトリョーシカ・ブラッド」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 5年前、神奈川県の陣馬山に遺体を埋めたと110番通報があった。「埋まっているのは香取富士夫だ」と聞いて、彦坂巡査部長は現場に向かう。

 発見された白骨死体の横にはマトリョーシカが埋まっており、その中には液体の入った小瓶があった。香取は7年前のムラナカ事件の関係者だった。東雲総合病院でムラナカ製薬が開発した抗がん剤の新薬を投与されていた患者が2人、急死した。内科部長だった香取にムラナカ製薬との癒着の疑惑がかけられたが、部下の内科医が自殺したため不起訴となった事件だった。続いて八王子で発見された死体のそばにもマトリョーシカが置かれていた。

 組織ぐるみで隠蔽したはずの事件に向かい合う刑事を描く。大藪春彦賞受賞第1作。

(徳間書店 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る