「マトリョーシカ・ブラッド」呉勝浩著

公開日:  更新日:

 5年前、神奈川県の陣馬山に遺体を埋めたと110番通報があった。「埋まっているのは香取富士夫だ」と聞いて、彦坂巡査部長は現場に向かう。

 発見された白骨死体の横にはマトリョーシカが埋まっており、その中には液体の入った小瓶があった。香取は7年前のムラナカ事件の関係者だった。東雲総合病院でムラナカ製薬が開発した抗がん剤の新薬を投与されていた患者が2人、急死した。内科部長だった香取にムラナカ製薬との癒着の疑惑がかけられたが、部下の内科医が自殺したため不起訴となった事件だった。続いて八王子で発見された死体のそばにもマトリョーシカが置かれていた。

 組織ぐるみで隠蔽したはずの事件に向かい合う刑事を描く。大藪春彦賞受賞第1作。

(徳間書店 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る