「最果ての街」西村健著

公開日:

 最果ての街とは、東京のドヤ街がある通称「山谷」地区のこと。

 ある日、山谷堀公園でホームレスの殺人事件が起こった。被害者は山谷地区にいた日雇い労働者で、職安の登録から名前だけはわかった。だが、身元がわからず、遺族が現れなければ無縁仏として葬られるしかない。警察は本気で身元捜査をする気配もないのだ。

 かつて、自らの不誠実で山谷の住人たちに不幸を生んでしまった負い目を持つ主人公の深恒宣泰・山谷労働出張所所長は、自力ででも被害者の親族を探し出そうと決心した。そして、ついに被害者の出身地と意外な過去が明らかにされていく。

 2014年に大藪春彦賞を受賞している著者が、現代の根なし草が最後に行きつく場所の人間ドラマを描いた社会派長編ミステリー。(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る