「最果ての街」西村健著

公開日: 更新日:

 最果ての街とは、東京のドヤ街がある通称「山谷」地区のこと。

 ある日、山谷堀公園でホームレスの殺人事件が起こった。被害者は山谷地区にいた日雇い労働者で、職安の登録から名前だけはわかった。だが、身元がわからず、遺族が現れなければ無縁仏として葬られるしかない。警察は本気で身元捜査をする気配もないのだ。

 かつて、自らの不誠実で山谷の住人たちに不幸を生んでしまった負い目を持つ主人公の深恒宣泰・山谷労働出張所所長は、自力ででも被害者の親族を探し出そうと決心した。そして、ついに被害者の出身地と意外な過去が明らかにされていく。

 2014年に大藪春彦賞を受賞している著者が、現代の根なし草が最後に行きつく場所の人間ドラマを描いた社会派長編ミステリー。(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る