「神奈備」馳星周氏

公開日:  更新日:

大自然に翻弄される極限の人間心理

 山岳信仰の拠点である霊山・御嶽を舞台に、自然界の驚異と人間の極限の心理を描いた小説が誕生した。「神奈備」とは、神が棲まう山、の意味だ。

「もともとは、神様を求めて山に登る人と、神様を否定して山に登る人が、荒れ狂う天候の山をさまようという話を書きたいと思って。実は6年前から登山を始めたんです。下界にいたら絶対見られない神秘的な景色や、森林限界を越えて、山の稜線に出たときの解放感にハマってね。ひと月に4回登るときもあるほど」

 夜のネオンと紫煙が最も似合う作家のイメージだが、今作は大自然の猛威に翻弄される人間の弱さに肉薄している。

 主人公は17歳の芹沢潤。口を開けば罵詈雑言、虐待と搾取を繰り返す毒母・恭子との生活に絶望している。「神様、どうしてぼくは生まれてきたのですか」。拷問のような日々に、潤は自分の存在意義を問い続けてきた。その答えを求め、神の棲む山・御嶽を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る