「神奈備」馳星周氏

公開日: 更新日:

大自然に翻弄される極限の人間心理

 山岳信仰の拠点である霊山・御嶽を舞台に、自然界の驚異と人間の極限の心理を描いた小説が誕生した。「神奈備」とは、神が棲まう山、の意味だ。

「もともとは、神様を求めて山に登る人と、神様を否定して山に登る人が、荒れ狂う天候の山をさまようという話を書きたいと思って。実は6年前から登山を始めたんです。下界にいたら絶対見られない神秘的な景色や、森林限界を越えて、山の稜線に出たときの解放感にハマってね。ひと月に4回登るときもあるほど」

 夜のネオンと紫煙が最も似合う作家のイメージだが、今作は大自然の猛威に翻弄される人間の弱さに肉薄している。

 主人公は17歳の芹沢潤。口を開けば罵詈雑言、虐待と搾取を繰り返す毒母・恭子との生活に絶望している。「神様、どうしてぼくは生まれてきたのですか」。拷問のような日々に、潤は自分の存在意義を問い続けてきた。その答えを求め、神の棲む山・御嶽を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る