• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神奈備」馳星周氏

大自然に翻弄される極限の人間心理

 山岳信仰の拠点である霊山・御嶽を舞台に、自然界の驚異と人間の極限の心理を描いた小説が誕生した。「神奈備」とは、神が棲まう山、の意味だ。

「もともとは、神様を求めて山に登る人と、神様を否定して山に登る人が、荒れ狂う天候の山をさまようという話を書きたいと思って。実は6年前から登山を始めたんです。下界にいたら絶対見られない神秘的な景色や、森林限界を越えて、山の稜線に出たときの解放感にハマってね。ひと月に4回登るときもあるほど」

 夜のネオンと紫煙が最も似合う作家のイメージだが、今作は大自然の猛威に翻弄される人間の弱さに肉薄している。

 主人公は17歳の芹沢潤。口を開けば罵詈雑言、虐待と搾取を繰り返す毒母・恭子との生活に絶望している。「神様、どうしてぼくは生まれてきたのですか」。拷問のような日々に、潤は自分の存在意義を問い続けてきた。その答えを求め、神の棲む山・御嶽を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る