「花が咲くとき」乾ルカ著

公開日: 更新日:

 札幌に住む主人公・瀬川大介は、クラスメートからのいじめや成績にうるさい両親のもとで鬱屈している小学6年生。友人もなく、隣家の指が2本ない質屋の老人・佐藤北海の行動を観察するのが唯一の趣味だった。

 北海が大事にしている庭木の花が咲かないよう庭に忍び込んで芽を削っていたのだ。そんなある日、大介は楽しみにしていたキャンプの予定を禁止され、家出を決意した。そして、出かける北海の軽トラの荷台に潜み、家を出たのだが……。

 2006年「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞してデビューした後、「あの日にかえりたい」で第143回直木賞候補に、「メグル」で第13回大藪春彦賞候補になるなど、その実力に期待が集まる著者の最新作。日々に不満とやる方なさを感じている少年と、その隣家に住む謎めいた老人との北海道から長崎にわたる2人旅が、老人が抱えていた人生の闇を少しずつ解き明かし、少年を成長へと導いていく様子が丁寧に描かれている。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る