• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花が咲くとき」乾ルカ著

 札幌に住む主人公・瀬川大介は、クラスメートからのいじめや成績にうるさい両親のもとで鬱屈している小学6年生。友人もなく、隣家の指が2本ない質屋の老人・佐藤北海の行動を観察するのが唯一の趣味だった。

 北海が大事にしている庭木の花が咲かないよう庭に忍び込んで芽を削っていたのだ。そんなある日、大介は楽しみにしていたキャンプの予定を禁止され、家出を決意した。そして、出かける北海の軽トラの荷台に潜み、家を出たのだが……。

 2006年「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞してデビューした後、「あの日にかえりたい」で第143回直木賞候補に、「メグル」で第13回大藪春彦賞候補になるなど、その実力に期待が集まる著者の最新作。日々に不満とやる方なさを感じている少年と、その隣家に住む謎めいた老人との北海道から長崎にわたる2人旅が、老人が抱えていた人生の闇を少しずつ解き明かし、少年を成長へと導いていく様子が丁寧に描かれている。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る