「花が咲くとき」乾ルカ著

公開日: 更新日:

 札幌に住む主人公・瀬川大介は、クラスメートからのいじめや成績にうるさい両親のもとで鬱屈している小学6年生。友人もなく、隣家の指が2本ない質屋の老人・佐藤北海の行動を観察するのが唯一の趣味だった。

 北海が大事にしている庭木の花が咲かないよう庭に忍び込んで芽を削っていたのだ。そんなある日、大介は楽しみにしていたキャンプの予定を禁止され、家出を決意した。そして、出かける北海の軽トラの荷台に潜み、家を出たのだが……。

 2006年「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞してデビューした後、「あの日にかえりたい」で第143回直木賞候補に、「メグル」で第13回大藪春彦賞候補になるなど、その実力に期待が集まる著者の最新作。日々に不満とやる方なさを感じている少年と、その隣家に住む謎めいた老人との北海道から長崎にわたる2人旅が、老人が抱えていた人生の闇を少しずつ解き明かし、少年を成長へと導いていく様子が丁寧に描かれている。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  6. 6

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  7. 7

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  8. 8

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  9. 9

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  10. 10

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

もっと見る