「江戸は浅草」知野みさき著

公開日: 更新日:

 心機一転を期して上方に向かうことにした元矢師の真一郎は、道中、軒を借りた寺で鬼の面をかぶった女と一夜を共にする。翌朝、当座の金を工面するため、真一郎は両替商の隠居・久兵衛に用心棒兼雑用係として雇われる。久兵衛が持つ長屋の一室をあてがわれた真一郎は、そこで昨夜の女・多香と再会する。

 多香は、昼は矢場で矢取り女として働き、夜は寺の本堂で面を打っているらしい。多香が気になり、彼女が働く矢場に通う真一郎は、ある夜、矢取り女のおみきに相談事があると茶屋に呼び出される。翌朝、神社の裏で出刃で刺されたおみきの遺体が見つかり、真一郎は岡っ引きの取り調べを受けるはめになった。(「六軒長屋」)

 個性豊かな六軒長屋の住人たちを主人公にした時代エンターテインメント。

 (講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る