「江戸は浅草」知野みさき著

公開日: 更新日:

 心機一転を期して上方に向かうことにした元矢師の真一郎は、道中、軒を借りた寺で鬼の面をかぶった女と一夜を共にする。翌朝、当座の金を工面するため、真一郎は両替商の隠居・久兵衛に用心棒兼雑用係として雇われる。久兵衛が持つ長屋の一室をあてがわれた真一郎は、そこで昨夜の女・多香と再会する。

 多香は、昼は矢場で矢取り女として働き、夜は寺の本堂で面を打っているらしい。多香が気になり、彼女が働く矢場に通う真一郎は、ある夜、矢取り女のおみきに相談事があると茶屋に呼び出される。翌朝、神社の裏で出刃で刺されたおみきの遺体が見つかり、真一郎は岡っ引きの取り調べを受けるはめになった。(「六軒長屋」)

 個性豊かな六軒長屋の住人たちを主人公にした時代エンターテインメント。

 (講談社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る