「江戸ねこ日和 小料理のどか屋 人情帖22」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 天保5(1834)年の師走、旅籠付きの小料理のどか屋を営む時吉とおちよ夫婦は、1カ月前に大往生を遂げた看板猫のどかのことが思い出されてならない。三河町、岩本町、そして現在の横山町へと、大火に見舞われ、ともに渡り歩いてきた、いわば店の守り神のような猫だった。

 おちよは、皆から愛されたのどかのためにお参りができるような祠をつくって、猫をかたどったお地蔵様を据えたい。常連客の大工衆に相談すると、早世した息子に代わって修業を始めた初次郎が祠づくりに名乗りを上げてくれた。さらに地蔵は旅籠の客の僧侶の口利きで秩父の名工がつくってくれることになった。

 うまそうな料理の数々とともに展開する人気時代小説シリーズ最新刊。

 (二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る

人気キーワード