「江戸ねこ日和 小料理のどか屋 人情帖22」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 天保5(1834)年の師走、旅籠付きの小料理のどか屋を営む時吉とおちよ夫婦は、1カ月前に大往生を遂げた看板猫のどかのことが思い出されてならない。三河町、岩本町、そして現在の横山町へと、大火に見舞われ、ともに渡り歩いてきた、いわば店の守り神のような猫だった。

 おちよは、皆から愛されたのどかのためにお参りができるような祠をつくって、猫をかたどったお地蔵様を据えたい。常連客の大工衆に相談すると、早世した息子に代わって修業を始めた初次郎が祠づくりに名乗りを上げてくれた。さらに地蔵は旅籠の客の僧侶の口利きで秩父の名工がつくってくれることになった。

 うまそうな料理の数々とともに展開する人気時代小説シリーズ最新刊。

 (二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る