「江戸ねこ日和 小料理のどか屋 人情帖22」倉阪鬼一郎著

公開日:  更新日:

 天保5(1834)年の師走、旅籠付きの小料理のどか屋を営む時吉とおちよ夫婦は、1カ月前に大往生を遂げた看板猫のどかのことが思い出されてならない。三河町、岩本町、そして現在の横山町へと、大火に見舞われ、ともに渡り歩いてきた、いわば店の守り神のような猫だった。

 おちよは、皆から愛されたのどかのためにお参りができるような祠をつくって、猫をかたどったお地蔵様を据えたい。常連客の大工衆に相談すると、早世した息子に代わって修業を始めた初次郎が祠づくりに名乗りを上げてくれた。さらに地蔵は旅籠の客の僧侶の口利きで秩父の名工がつくってくれることになった。

 うまそうな料理の数々とともに展開する人気時代小説シリーズ最新刊。

 (二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る