「本を贈る」若松英輔ほか著

公開日:

 装丁家の矢萩多聞氏は、ある日、知人に紹介されたカメラマンと意気投合、彼の写真集のデザインをすることになった。ところがこだわり過ぎて予算オーバーしたため、製本を自分たちでやることに。見知らぬ人の手も借りながら仕上がった本は世界中で称賛され、また本に関わった人たちが大きな輪のようにつながった気がしたという。

 やがて矢萩氏はユニークな本をつくる南インドの「タラブックス」の取材や、オンデマンドで文庫本をつくり流通させた経験から、たった一冊の本を通して、他者を思い、つながることができると考えるようになる。

 その他、校正者、書店員、本屋など、贈るように本をつくり本を届ける10人のエッセーを収録。

(三輪舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る