宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

不良品を装う、一点ものの「モノ凄さ」

公開日:  更新日:

「W_ _KW_ _K」テセウス・チャン著

「シンガポール製/本書はハンド・メイドで仕上げを施されており、背表紙に電子部品が埋め込まれ(略)また、ページの不揃いなどはすべて意図されたデザインであり、不良品ではありません」

 部数限定。創刊号は、ファッションブランド「ANREALAGE」を特集。衣装作品が特殊素材からインスピレーションを得ているのと同様、本書自身が多様なテクスチャーを随所にまとい、読者を飽きさせない。

 表紙にはタイトルと特集名。特殊インキでスタンプ押し。印圧により滲み、はみ出し盛り上がった文字が物質感をアピール。本文用紙は「コミック用紙」風。ほぼ全ページにわたるカラー写真は控えめな発色だ。ブラウン管のクローズアップ。走査線特有のストライプが懐かしい。コールタールと見まがう特殊な樹脂で「背固め」された背表紙。(5月の東京の室温でも)手に貼り付く粘性あり。今にも溶けてバラバラになりそうだ。「脆弱さ」の演出とは穿ち過ぎか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る