• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三島邦弘
著者のコラム一覧
三島邦弘

ミシマ社代表。1975年、京都生まれ。2006年10月単身、ミシマ社設立。「原点回帰」を掲げ、一冊入魂の出版活動を京都と自由が丘の2拠点で展開。昨年10月に初の市販雑誌「ちゃぶ台」を刊行。現在の住まいは京都。

私の心は「いっきに」天空へ飛んだ

「星は周る」野尻抱影著

「いっきに読んだ」。今や、本を評する際のひとつの褒め台詞だろう。実は私もときどき使う。けれど、星についての本を形容するには、いささか不適切にすぎる。赤く輝くアンタレース(火星の敵)の名からもわかるように、星は大昔から何も変わらないのだから。

 という知識は本書で得た。正直に告白するが、この本に出合うまで、著者の野尻抱影も知らなければ(最初、タイトルがこれなのかと思ったほどだ)、星に関する知識は皆無に近かった。

 本屋でページを繰って驚いた。戦前と戦後すぐに書かれたものばかりだったのだ。

「空を見上げながら歩いていれば、どんな晩でも淋しくはない。大勢の友だちのウィンクに逢っているのと同じだからである」(「星を覗くもの」)

 冒頭のエッセーで、私の心は「いっきに」天空へ飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る