「子どもの人生は『腸』で決まる」ジャック・ギルバートほか著 鍛原多惠子訳

公開日: 更新日:

 著者が研究しているマイクロバイオームとは、ヒトの体にすみついた有益な微生物種と、状況によってはあまり歓迎できない結果をもたらす一部の微生物種の集合体である。この微生物群集は、体内で食べ物を消化したり、諸器官をつくったり、免疫系を調整する働きを持つ。腸内のマイクロバイオームはヒトが誕生してから3歳までは流動的なので、その時期までに整えておくことが重要だ。

 そのためには、できる限り多様な微生物に出合うようにすることが一番。子どもを川や海など戸外に連れ出し、動物や土と触れ合うようにすることが必要で、殺菌し過ぎるのはよくない。子どもの免疫力を育てる方法をQ&Aで解説。

(東洋経済新報社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る