「子どもの人生は『腸』で決まる」ジャック・ギルバートほか著 鍛原多惠子訳

公開日: 更新日:

 著者が研究しているマイクロバイオームとは、ヒトの体にすみついた有益な微生物種と、状況によってはあまり歓迎できない結果をもたらす一部の微生物種の集合体である。この微生物群集は、体内で食べ物を消化したり、諸器官をつくったり、免疫系を調整する働きを持つ。腸内のマイクロバイオームはヒトが誕生してから3歳までは流動的なので、その時期までに整えておくことが重要だ。

 そのためには、できる限り多様な微生物に出合うようにすることが一番。子どもを川や海など戸外に連れ出し、動物や土と触れ合うようにすることが必要で、殺菌し過ぎるのはよくない。子どもの免疫力を育てる方法をQ&Aで解説。

(東洋経済新報社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る