「日本一の長寿県と世界一の長寿村の腸にいい食事」松生恒夫著

公開日: 更新日:

 腸には全身の免疫細胞の60%以上が存在しており、「寿命は腸で決まる」と著者は言う。ある調査では慢性的な便秘がない人の方が病気にかかりにくく、明らかに生存率が高かったという。腸内細菌を活性化させ、腸を強くするには何を、どう食べるかが重要。本書は、腸専門医の著者が腸を強くする「長寿食」ならぬ「腸寿食」について解説した健康テキスト。

 長寿を誇る長野県をはじめ、大腸がん死亡率が全国一低い愛媛県、さらに世界一の長寿村、イタリアのアッチャロリ村などの食生活を分析。その食習慣を“いいとこどり”し、「発酵食品を取る」「野菜・穀物・魚介類を中心に食べる」「油はエキストラバージンオリーブオイルを使用する」の「地中海式和食」を提唱する。

(PHP研究所 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る