「日本一の長寿県と世界一の長寿村の腸にいい食事」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 腸には全身の免疫細胞の60%以上が存在しており、「寿命は腸で決まる」と著者は言う。ある調査では慢性的な便秘がない人の方が病気にかかりにくく、明らかに生存率が高かったという。腸内細菌を活性化させ、腸を強くするには何を、どう食べるかが重要。本書は、腸専門医の著者が腸を強くする「長寿食」ならぬ「腸寿食」について解説した健康テキスト。

 長寿を誇る長野県をはじめ、大腸がん死亡率が全国一低い愛媛県、さらに世界一の長寿村、イタリアのアッチャロリ村などの食生活を分析。その食習慣を“いいとこどり”し、「発酵食品を取る」「野菜・穀物・魚介類を中心に食べる」「油はエキストラバージンオリーブオイルを使用する」の「地中海式和食」を提唱する。

(PHP研究所 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る