• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「手を洗いすぎてはいけない」藤田紘一郎著

 日本人は感染症への対応力が衰えてきた結果、自然では生きられない家畜化した状態になっている。日本で、春や夏など季節外れのインフルエンザが流行するのはその証拠だという。

 その原因になっているのが行き過ぎた予防策。手洗いも流水で10秒だけで十分なのに、せっけんで入念に洗ったうえで、アルコール消毒までするいまのやり方は、かえって肌を傷め、手を「汚くする」という。人間の免疫組織に影響を与えるアレルギーの新薬を投与すると、がんになった例なども紹介。西洋医学に頼り過ぎるよりも自身の免疫力をアップさせることを考えた方がいい、と主張する。

 日本人の清潔第一主義の健康観に警告を発し続けている著者の新刊。健康好きな人にぜひ読んでほしい一冊だ。(光文社新書 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る