「手を洗いすぎてはいけない」藤田紘一郎著

公開日: 更新日:

 日本人は感染症への対応力が衰えてきた結果、自然では生きられない家畜化した状態になっている。日本で、春や夏など季節外れのインフルエンザが流行するのはその証拠だという。

 その原因になっているのが行き過ぎた予防策。手洗いも流水で10秒だけで十分なのに、せっけんで入念に洗ったうえで、アルコール消毒までするいまのやり方は、かえって肌を傷め、手を「汚くする」という。人間の免疫組織に影響を与えるアレルギーの新薬を投与すると、がんになった例なども紹介。西洋医学に頼り過ぎるよりも自身の免疫力をアップさせることを考えた方がいい、と主張する。

 日本人の清潔第一主義の健康観に警告を発し続けている著者の新刊。健康好きな人にぜひ読んでほしい一冊だ。(光文社新書 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る