「手を洗いすぎてはいけない」藤田紘一郎著

公開日:  更新日:

 日本人は感染症への対応力が衰えてきた結果、自然では生きられない家畜化した状態になっている。日本で、春や夏など季節外れのインフルエンザが流行するのはその証拠だという。

 その原因になっているのが行き過ぎた予防策。手洗いも流水で10秒だけで十分なのに、せっけんで入念に洗ったうえで、アルコール消毒までするいまのやり方は、かえって肌を傷め、手を「汚くする」という。人間の免疫組織に影響を与えるアレルギーの新薬を投与すると、がんになった例なども紹介。西洋医学に頼り過ぎるよりも自身の免疫力をアップさせることを考えた方がいい、と主張する。

 日本人の清潔第一主義の健康観に警告を発し続けている著者の新刊。健康好きな人にぜひ読んでほしい一冊だ。(光文社新書 780円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る