「なぜ微熱は体にいいのか」鄭忠和著

公開日:  更新日:

 寒けがして熱を測ってみると、37.2度の微熱。こんなとき、慌てて解熱剤を服用するのは大間違いだと本書。炎症等の原因物質が体内に取り込まれると、「熱を出して病原菌をやっつけよう」という指令が脳の視床下部から出される。その結果、寒けや関節痛などの不快な症状が表れるわけで、37~38度の微熱の段階で解熱剤を飲むことは、むしろ病原菌を応援しているようなものなのだ。

 発熱とは、免疫力を活性化させる優れた生理的反応であり、体温が42.5度以上になればがん細胞ですら死んでいく。熱刺激によって体内で作られるヒートショックタンパク(HSP)という物質が、変性した細胞の分解や修復を行うためだ。HSPは、気持ちいいと感じる程度に体を温めるだけでも作られる。体を温めて体温を高めに保つことは、病気の回復や予防に大いに役立つわけだ。

 ところが、現代人は低体温化しているといわれ、平熱が35度台という人も少なくない。体を冷やす原因のひとつには、ストレスが挙げられる。慢性的なストレス状態が続くと、アドレナリンの分泌が高まり、血管が収縮して体温も低下する。また、食べ過ぎも要注意だ。常に胃腸に食べ物があると、血液は消化のために消化管に貯留し、筋肉への供給が不足して体を冷やす。肥満は生活習慣病のリスクを高めるといわれるが、免疫力も低下させるのだ。

 本書では“健康的な微熱”を生み出す入浴法や食事法も伝授。高めの体温で病気に打ち勝とう。

(講談社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る