「パワースポットはここですね」髙橋秀実著

公開日: 更新日:

 日本にある世界遺産を巡ろうと考えたのだが、途中で目的地を「パワースポット」に変更した。JR高崎駅の観光案内所で尋ねたら、「一番は榛名神社です」。榛名山は地元の人びとの祖霊が登る山として信仰されて格式高い神社が建立され、後に密教の行者の修行の場、「満行宮榛名寺」となった。明治になると神仏分離令により再び「榛名神社」に。時代の要請に合わせて「とりあえず」形を変えてゆく。

 本居宣長は、人間の知恵には限界があるから、神のことをあれこれ言うべきではなく、ただ尊さを尊み、畏きを畏むべしと戒める。これはまさに「とりあえず」の境地である。

 他に三途の川など、日本人の信仰を探るルポルタージュ。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る