「熱狂と幻滅」 田村剛著

公開日: 更新日:

 1810年にスペインから独立して以来、コロンビアの歴史は暴力の繰り返しだった。だが、2010年に就任したサントス大統領が社会主義革命を目指すゲリラ組織FARCと和平交渉を始め、6年後、和平合意が結ばれてFARCは武装解除し、合法的な政党となる。土地を持たない農民に300万ヘクタールの土地が分配されることになり、野党の政治参加や、市民がデモをする権利が保障された。

 10月2日、この和平合意の是非を問う国民投票が実施された。ところが、テレビの開票速報の結果は、賛成派圧勝という世論調査の見通しとは異なるものだった。

 中南米特派員だった朝日新聞記者が、コロンビア和平の実情と背景に肉薄するルポルタージュ。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る

人気キーワード