「熱狂と幻滅」 田村剛著

公開日: 更新日:

 1810年にスペインから独立して以来、コロンビアの歴史は暴力の繰り返しだった。だが、2010年に就任したサントス大統領が社会主義革命を目指すゲリラ組織FARCと和平交渉を始め、6年後、和平合意が結ばれてFARCは武装解除し、合法的な政党となる。土地を持たない農民に300万ヘクタールの土地が分配されることになり、野党の政治参加や、市民がデモをする権利が保障された。

 10月2日、この和平合意の是非を問う国民投票が実施された。ところが、テレビの開票速報の結果は、賛成派圧勝という世論調査の見通しとは異なるものだった。

 中南米特派員だった朝日新聞記者が、コロンビア和平の実情と背景に肉薄するルポルタージュ。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る