「水が消えた大河で」三浦英之著

公開日: 更新日:

 日本一の河川、信濃川・千曲川水系で起きたJR東日本の不正取水事件を追うルポルタージュ。

 信濃川は、最大出力600万キロワットもの電気を起こす「電気の川」でもある。電気は、川から取った水を導水管によって下流に放流する水路式と呼ばれる発電ダムによってつくられる。

 1990年、JR東日本の新発電所の稼働によって、信濃川中流域は慢性的な水枯れ状態に陥り、魚は死に絶え、大河の風景は一変してしまう。やがて同社が長年、許可水量以上の取水を続けていたことが発覚する。1984年、十日町市が国鉄に大量取水を許可した背景から取材を進める一方で、ふるさとの川を守ろうと立ち上がった人々の闘いを伝えながら、後の原発事故につながる地方を犠牲にするエネルギー事業の構造的問題を問う。

(集英社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る

人気キーワード