「水が消えた大河で」三浦英之著

公開日: 更新日:

 日本一の河川、信濃川・千曲川水系で起きたJR東日本の不正取水事件を追うルポルタージュ。

 信濃川は、最大出力600万キロワットもの電気を起こす「電気の川」でもある。電気は、川から取った水を導水管によって下流に放流する水路式と呼ばれる発電ダムによってつくられる。

 1990年、JR東日本の新発電所の稼働によって、信濃川中流域は慢性的な水枯れ状態に陥り、魚は死に絶え、大河の風景は一変してしまう。やがて同社が長年、許可水量以上の取水を続けていたことが発覚する。1984年、十日町市が国鉄に大量取水を許可した背景から取材を進める一方で、ふるさとの川を守ろうと立ち上がった人々の闘いを伝えながら、後の原発事故につながる地方を犠牲にするエネルギー事業の構造的問題を問う。

(集英社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る