「大量廃棄社会」仲村和代、藤田さつき著

公開日: 更新日:

「たくさん作って、たくさん買って、たくさん捨てる」。それが当たり前になってしまった「大量廃棄社会」の現実を問うルポルタージュ。

 例えば洋服。試算では、年間10億点もの新品の洋服が廃棄処分されているという。その廃棄現場を取材しようと業者を取材するが、イメージを守りたいブランドから守秘義務が課されているため取材は難航。洋服の在庫廃棄の背景には、前シーズンの商品の価値を下げて新しい商品を売るというアパレルのビジネスモデルがあるという。

「捨てることになってもたくさん作ったほうが儲かる」という、その仕組みを支える衣料品製造現場の過酷な実態なども取材。

 他にも、恵方巻きが社会問題になった食品ロスなどを取り上げ、その問題の背景と解決策を考える。

 (光文社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る