「大量廃棄社会」仲村和代、藤田さつき著

公開日: 更新日:

「たくさん作って、たくさん買って、たくさん捨てる」。それが当たり前になってしまった「大量廃棄社会」の現実を問うルポルタージュ。

 例えば洋服。試算では、年間10億点もの新品の洋服が廃棄処分されているという。その廃棄現場を取材しようと業者を取材するが、イメージを守りたいブランドから守秘義務が課されているため取材は難航。洋服の在庫廃棄の背景には、前シーズンの商品の価値を下げて新しい商品を売るというアパレルのビジネスモデルがあるという。

「捨てることになってもたくさん作ったほうが儲かる」という、その仕組みを支える衣料品製造現場の過酷な実態なども取材。

 他にも、恵方巻きが社会問題になった食品ロスなどを取り上げ、その問題の背景と解決策を考える。

 (光文社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る

人気キーワード