• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柴俊夫・真野響子 写真を撮られて「交際宣言」

<1977年8月>

 8月17日、午後9時30分、羽田空港のロビーに出てきたひとりの男性の後を、週刊誌記者とカメラマンが付けていた。ターゲットは俳優の柴俊夫(当時30)。花登筐が脚本を手掛ける関西テレビ制作の「さわやかな男」(77年4月~78年3月)で主演を務め、その日は大阪での撮影を終え、自宅のある東京に帰ってきたところだった。

 空港の外に出てタクシーに乗り込む柴を、記者がクルマで追った。タクシーは首都高を抜け、港区の住宅街にあるマンションの前で止まった。柴の自宅だった。マンションの前で記者たちが張っていると、地下の駐車場からベンツが出てきた。フラッシュがたかれ、ハンドルを握る柴の横に座る真野響子(同25)の顔が浮かび上がった。真野は「さわやかな男」のヒロイン役だった。「噂はあったんです。大阪のホテルで2人が仲良く食事をしているところも目撃されているし、柴のマンションを真野が時々訪れ、手料理を作っているという情報もあった」と話すのは、2人の写真をスクープした週刊誌とは別の芸能記者。ただし、2人の交際については、信憑(しんぴょう)性に疑問を持つ記者が少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る