柴俊夫・真野響子 写真を撮られて「交際宣言」

公開日: 更新日:

<1977年8月>

 8月17日、午後9時30分、羽田空港のロビーに出てきたひとりの男性の後を、週刊誌記者とカメラマンが付けていた。ターゲットは俳優の柴俊夫(当時30)。花登筐が脚本を手掛ける関西テレビ制作の「さわやかな男」(77年4月~78年3月)で主演を務め、その日は大阪での撮影を終え、自宅のある東京に帰ってきたところだった。

 空港の外に出てタクシーに乗り込む柴を、記者がクルマで追った。タクシーは首都高を抜け、港区の住宅街にあるマンションの前で止まった。柴の自宅だった。マンションの前で記者たちが張っていると、地下の駐車場からベンツが出てきた。フラッシュがたかれ、ハンドルを握る柴の横に座る真野響子(同25)の顔が浮かび上がった。真野は「さわやかな男」のヒロイン役だった。「噂はあったんです。大阪のホテルで2人が仲良く食事をしているところも目撃されているし、柴のマンションを真野が時々訪れ、手料理を作っているという情報もあった」と話すのは、2人の写真をスクープした週刊誌とは別の芸能記者。ただし、2人の交際については、信憑(しんぴょう)性に疑問を持つ記者が少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る