柴俊夫・真野響子 写真を撮られて「交際宣言」

公開日: 更新日:

<1977年8月>

 8月17日、午後9時30分、羽田空港のロビーに出てきたひとりの男性の後を、週刊誌記者とカメラマンが付けていた。ターゲットは俳優の柴俊夫(当時30)。花登筐が脚本を手掛ける関西テレビ制作の「さわやかな男」(77年4月~78年3月)で主演を務め、その日は大阪での撮影を終え、自宅のある東京に帰ってきたところだった。

 空港の外に出てタクシーに乗り込む柴を、記者がクルマで追った。タクシーは首都高を抜け、港区の住宅街にあるマンションの前で止まった。柴の自宅だった。マンションの前で記者たちが張っていると、地下の駐車場からベンツが出てきた。フラッシュがたかれ、ハンドルを握る柴の横に座る真野響子(同25)の顔が浮かび上がった。真野は「さわやかな男」のヒロイン役だった。「噂はあったんです。大阪のホテルで2人が仲良く食事をしているところも目撃されているし、柴のマンションを真野が時々訪れ、手料理を作っているという情報もあった」と話すのは、2人の写真をスクープした週刊誌とは別の芸能記者。ただし、2人の交際については、信憑(しんぴょう)性に疑問を持つ記者が少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る