日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「罰は受けた」…酒井若菜“衝撃告白”の裏に松尾スズキの存在

 グラドル出身の女優・酒井若菜(33)が、自身のツイッターで過去の芸能界休業の内幕を振り返り、物議を醸している。

 コトの発端は8年前。ゴールデンの連ドラ初主演の話を蹴ってまで挑もうとした初舞台「キレイ~神様と待ち合わせした女 2005」(大人計画)を降板したことで、「人生変わってしまった」とつづっているのだ。

「罰は受けたつもりです 最初の数年は地獄のような日々だったので 無事芸能界に復帰したのが奇跡です」

 などと芸能界を干されたという衝撃的な事実を告白したのだが、降板理由についてはノータッチ。満を持して臨んだ初舞台の裏側で何があったのか。

「降板理由は体調不良と発表されたが、それはあくまで表向きの話」とさる芸能関係者が、こう続ける。

「当時の酒井は『大人計画』を主宰する松尾スズキ氏と恋愛関係にあり、連ドラの主演を蹴って舞台を選んだのも個人的な理由が大きかったのではないかといわれていました。でも結局、舞台直前に松尾氏の妻とトラブルになり、降板を余儀なくされた。その上、舞台関係者の信用をなくす結果となり、休業に追い込まれたのが真相です」

 今回の告白は、来年3月に鈴木おさむ演出で舞台に立てることに関連してのつぶやきであった。スッタモンダで一皮むけた酒井の演技に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事