「春を背負って」木村大作監督

公開日:  更新日:

「八甲田山」「駅 STATION」「火宅の人」など、日本映画を代表するカメラマンの木村大作(74)が、監督第2作「春を背負って」を完成させた。デビュー作「劒岳 点の記」と同様、標高3000メートルの立山連峰で60日間に及ぶ山岳ロケを敢行というから驚く。

―引退宣言を撤回してまで、撮影に臨んだ動機を聞かせてください。

「監督作が生涯1本だけだなんて、格好いいなあと思ってたんだけどな。カメラマンとしてなら、あてがいぶちの仕事もやるけど、自分で監督となると、ちょっと違う。相当燃えて、燃えまくれる作品じゃないんで、監督話を2本断ったりしていたんだが、前作を撮り終えてこれで映画界とオサラバだってなったとき、生活の糧をどうしたらいいんだろう、食っていけねえやとなって、考え直したんだよ。俺は映画は2番手で、生きてくのが一番大切だって思ってきた。その生きてくためにも、やっぱり映画を選ぼうってことになった話でね。食っていくためにも映画しかねえんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る