復帰は遠い? 中森明菜の直筆メッセージから伝わる近況

公開日: 更新日:

 中森明菜(48)の“ナマの声”が久しぶりに伝わってきて話題になっている。
 今月8日ごろに最新のファンクラブ会報誌がファンのもとに到着。そこには直筆で〈皆さまぁー! 元気ですか!? 年が明け… あっという間に1月も過ぎ… 本当に本当に ごぶさたになってますぅ〉というハネるような筆文字が。メッセージは2ページに及ぶ長文で、〈明菜のステージを見る日を、楽しみに… (中略)目をまぁぁぁーるくする日を、ぜったいにみんなに… 贈るからぁぁぁぁぁぁ〉と、絶叫ともとれる言葉の数々が並んでいる。

 明菜が最後に公の場に現れたのが10年7月。以来、“肉声”がほとんど漏れ伝わらなかっただけに、今回のメッセージは近況を知る上で貴重な資料である。

「明菜には根強いファンがいまなお多い。本人が表舞台に出てこないので、どんな小さな情報でも目を皿のようにして求めています。元日のスポーツ紙が40代神主との結婚情報を報じましたが、その後はまったく音沙汰なし。自宅マンションを週刊誌が1カ月もの間、張り込んで動静を探っても明菜は部屋から一歩も出てこなかったそうです。身の回りの世話はマネジャー兼プロデューサーの男性が担当しているようですが、たとえばボイストレーニングとか美容院とかはどうしているのか……。謎は深まるばかりです」(芸能リポーター)

〈また!? …と思うかもしれないけれどォ… 本当… あと少し… ほんとォに〉という悲愴(ひそう)感たっぷりの言葉で締めくくられた明菜のメッセージ。歌姫のもがきは痛いほど伝わってくるが、逆の見方をすれば、復帰にはまだまだ時間を要すということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  6. 6

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る