復帰は遠い? 中森明菜の直筆メッセージから伝わる近況

公開日:  更新日:

 中森明菜(48)の“ナマの声”が久しぶりに伝わってきて話題になっている。
 今月8日ごろに最新のファンクラブ会報誌がファンのもとに到着。そこには直筆で〈皆さまぁー! 元気ですか!? 年が明け… あっという間に1月も過ぎ… 本当に本当に ごぶさたになってますぅ〉というハネるような筆文字が。メッセージは2ページに及ぶ長文で、〈明菜のステージを見る日を、楽しみに… (中略)目をまぁぁぁーるくする日を、ぜったいにみんなに… 贈るからぁぁぁぁぁぁ〉と、絶叫ともとれる言葉の数々が並んでいる。

 明菜が最後に公の場に現れたのが10年7月。以来、“肉声”がほとんど漏れ伝わらなかっただけに、今回のメッセージは近況を知る上で貴重な資料である。

「明菜には根強いファンがいまなお多い。本人が表舞台に出てこないので、どんな小さな情報でも目を皿のようにして求めています。元日のスポーツ紙が40代神主との結婚情報を報じましたが、その後はまったく音沙汰なし。自宅マンションを週刊誌が1カ月もの間、張り込んで動静を探っても明菜は部屋から一歩も出てこなかったそうです。身の回りの世話はマネジャー兼プロデューサーの男性が担当しているようですが、たとえばボイストレーニングとか美容院とかはどうしているのか……。謎は深まるばかりです」(芸能リポーター)

〈また!? …と思うかもしれないけれどォ… 本当… あと少し… ほんとォに〉という悲愴(ひそう)感たっぷりの言葉で締めくくられた明菜のメッセージ。歌姫のもがきは痛いほど伝わってくるが、逆の見方をすれば、復帰にはまだまだ時間を要すということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る