日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元恋人と「再出発」…デビュー35周年松田聖子の“面目躍如”

 やっぱり聖子は聖子だった――。
 松田聖子(51)が2月末で、実母と実兄が役員を務める所属事務所を離れ、新たに個人事務所を設立。公式ホームページはアクセス不能状態だ。第一報を流した週刊誌「女性セブン」によると、新事務所は聖子の元恋人で長らく専属マネジャーを務めたA氏(40)と一緒に設立したというから穏やかではない。

「今回の独立騒動はレコード会社も寝耳に水だったそうです。だいたい、親族で運営している個人事務所を辞めて、別の個人事務所を設立するという理由がわからない。娘の沙也加は残留だし、一体、何が起こっているのか不明。ただ、聖子は昔から思い立ったら身内の言うことやアドバイスは耳に入らず、我が道を行く。そこだけは首尾一貫している。その道を行けば周囲がどうなるかまでは考えない」(古参の芸能ライター)

 聖子は12年6月に慶大准教授で歯科医のB氏(50)と結婚。神田正輝、歯科医男性に続く、3度目の正直だけに今度こそは落ち着くのではないか…という周囲の見方が強かった。それなのに元恋人マネジャーA氏との関係を優先し、現夫B氏をないがしろにしているように映る。「女性セブン」が元マネジャーA氏と聖子のロス旅行に夫のB氏が急きょ合流していたことを報じたのは今年1月下旬のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事