“小保方さん効果”でブームになったあの商品 売れ行きは今…

公開日: 更新日:

「STAP細胞」はすっかり信頼性を失い、小保方晴子ユニットリーダー(30)らが論文発表時の取材で披露した「割烹着スタイル」や「黄色やピンクの壁の研究室」も“演出”と報じられた。

「リケジョ」のイメージを覆す女子力の高さは“オボちゃん”の愛称も生み、アイドル的存在になったが、状況は一変。“オボちゃん効果”でブームを巻き起こした数々の商品にも“異変”が起きていた。

■明暗くっきり

 中学生の小保方さんが、読書感想文で最優秀賞にあたる教育長賞を受賞したときの題材にした小説「ちいさなちいさな王様」(講談社)。刊行は96年だが、アマゾンでは書籍部門で一時トップ。首都圏の書店でもコーナーができていたほどだが……。

「2月に2回増刷し、1カ月で4万部増刷しました。今ですか? それほど売れてはいません。3月は今のところ増刷はないですね」(担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る