新路線大成功 サバサバ佐藤仁美“バラドル女優”でブレーク

公開日:  更新日:

「おせえんだよ!」

 仁王立ちでそう叫んだのは、女優の佐藤仁美(34)。6日に放送された「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅2」(テレビ朝日系)でゲスト出演した佐藤は、合流した石塚英彦(52)に「遅いも何も呼んだ記憶がない」と反論されると、「そんなの関係ねえ!」と小島よしおのギャグを振り付きで披露した。

 佐藤は女優だが、ドラマや映画以上に存在感を見せているのがバラエティー番組。酒席での失敗談や独身女の婚活話を得意としている。これまで多くの作品でキャリアを重ねている佐藤が、ここまで“ジャンル外”で活躍しているのはなぜなのか。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「本業は女優というのが何よりの強みだからです。今は<意外に天然><意外に面白い>という女優のイメージとは違った一面を見せて売った方が“真正面”からいくよりも早く知名度が上がる時代。ある程度、役をこなした女優であればあるほど、ひとつの作品が売れて『代表作』ができると、そのイメージが定着して似たようなキャラクターの役が増える。そうすると、イメージが固定されて、役の幅が狭くなってしまうんです。それを壊す意味でも、バラエティーで素顔やぶっちゃけキャラを見せることで引き出しを増やす。視聴者が親しみを覚えて、ファンも拡大します。それがきっかけで、過去とは違ったキャラの役が舞い込んでくるという“逆輸入”を実践している。佐藤さん所属のホリプロは元祖・バラドルの井森美幸さんや酒豪キャラの鈴木砂羽さんもいる。事務所の売り方上手もあると思います」

 サバサバした性格が知れ渡ってなのか、ドラマ「アラサーちゃん 無修正」(テレビ東京系)では「サバサバちゃん」役に抜擢されている。サバサバキャラもバラエティー向けの演技だとしたら、大女優なのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る