毒舌キャラで人気急上昇の中村アンは意外にも「体育会系」

公開日: 更新日:

 バラエティーの女性毒舌キャラといえば、西川史子に大久保佳代子の独壇場─―そんな「激戦区」にいきなり飛び込んできたのがこの人だ。

 先日は日テレの特番で元SDN48の芹那について「正直、旬は過ぎたかな」「仕事への熱意が伝わらない」などとやって話題になっている。本人も激戦区は自覚していて、昨年のバラエティーで「(芸能界の)空いた席を狙う」と発言し、ネットで炎上しかけたこともある。それでもひるまず、過激発言を続けるとは見上げた根性だが、それもそのはず、こう見えて彼女、実はなかなかの「体育会系」なのだ。

 87年、東京生まれ。中学・高校と目白学園(現・目白研心)に通い、高校からチアリーディング部に所属した。同校はチアリーディングの強豪校で、2年の夏には全国大会に出場、5位に入賞している。3年時には主将としてチームを引っ張っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る