日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベストキャラクター賞 綾野剛が杏に「そっちなのかと思った」

「第36回読者が選ぶ・講談社広告賞」の贈賞式が昨16日行われ、杏(28)と綾野剛(32)が「ベストキャラクター賞」に選ばれた。

 同賞は「いま最も輝いている人物」に贈られるという。2人は過去に2度ほど共演経験があり、前回の共演作は3年前の連ドラ「妖怪人間ベム」。綾野はベラ役を演じた杏の女優としてのプロ意識の高さをこう称えていた。

「ベムのときはああいった役でしたが、ホントにそっち(妖怪人間)なのかと思うぐらいでした」

 杏のその後の活躍はいわずもがな。プライベートでは交際中の東出昌大(26)とゴールイン目前。綾野も仕事はもちろん、プライベートでも女にモテモテなだけに、まさに「いま最も輝いている」2人というのもナットクの結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事