ベストキャラクター賞 綾野剛が杏に「そっちなのかと思った」

公開日: 更新日:

「第36回読者が選ぶ・講談社広告賞」の贈賞式が昨16日行われ、杏(28)と綾野剛(32)が「ベストキャラクター賞」に選ばれた。

 同賞は「いま最も輝いている人物」に贈られるという。2人は過去に2度ほど共演経験があり、前回の共演作は3年前の連ドラ「妖怪人間ベム」。綾野はベラ役を演じた杏の女優としてのプロ意識の高さをこう称えていた。

「ベムのときはああいった役でしたが、ホントにそっち(妖怪人間)なのかと思うぐらいでした」

 杏のその後の活躍はいわずもがな。プライベートでは交際中の東出昌大(26)とゴールイン目前。綾野も仕事はもちろん、プライベートでも女にモテモテなだけに、まさに「いま最も輝いている」2人というのもナットクの結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る