ベストキャラクター賞 綾野剛が杏に「そっちなのかと思った」

公開日:  更新日:

「第36回読者が選ぶ・講談社広告賞」の贈賞式が昨16日行われ、杏(28)と綾野剛(32)が「ベストキャラクター賞」に選ばれた。

 同賞は「いま最も輝いている人物」に贈られるという。2人は過去に2度ほど共演経験があり、前回の共演作は3年前の連ドラ「妖怪人間ベム」。綾野はベラ役を演じた杏の女優としてのプロ意識の高さをこう称えていた。

「ベムのときはああいった役でしたが、ホントにそっち(妖怪人間)なのかと思うぐらいでした」

 杏のその後の活躍はいわずもがな。プライベートでは交際中の東出昌大(26)とゴールイン目前。綾野も仕事はもちろん、プライベートでも女にモテモテなだけに、まさに「いま最も輝いている」2人というのもナットクの結果だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る