台湾で大暴れ 隆大介の酒グセ知る関係者「やっぱりやったか」

公開日:  更新日:

「やっぱりやったか」――演劇関係者からはこんな声が聞こえてきた。

 隆大介(58)が台湾の空港で酒の勢いで大暴れした一件だ。もともとは「演劇界の東大」ともいわれる無名塾の1期生で、黒沢明の「影武者」にも出演していた“大物新人”だった。

「どれほど期待されていたか、それは芸名にも表れています。名字の『隆』は無名塾を主宰する仲代達矢の妻・宮崎恭子の筆名『隆巴』から一字もらい、『大介』は仲代の出世作『人間の條件』で仲代が演じた『梶大介』から取ったもの。仲代ばかりか、当事の演劇界の期待を一身に背負ってデビューしたのです」(演劇界事情通)

 しかし、「影武者」でこそブルーリボン賞新人賞を受賞(1980年)したが、その後は徐々に単発ドラマの脇役などに回ることが多くなっていた。その理由は――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る