• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一線級の顔ぶれと…鈴木浩介&大塚千弘の華麗なる恋愛遍歴

 俳優の鈴木浩介(40)と女優の大塚千弘(29)も8日、結婚、入籍が明らかになった芸能人カップルである。今夏の連ドラ「刑事7人」(テレビ朝日系)での共演を機に旧知の間柄から恋仲へ発展。つまり、役者同士によくある古典的ななれ初めからそのままアクセル全開でゴールインというわけだが、愛之助&紀香ほど“ビッグネーム”ではないだけに「誰?」と首をかしげた人は少なくないだろう。

 しかし、このご両人、過去の交際歴は一線級だ。

 鈴木は元“国民的美少女”の藤谷美紀(42)と婚約し5年近く半同棲していたが、12年に「魔性の女」の異名を持つ蒼井優(30)に乗り換え、新婚生活の愛の巣にする予定で50万円の月賦払いでマンションを購入。ところが直後にメールでフラれちゃったなどと報じられたトホホな過去も。

 一方の大塚も12年末に元カレだったT.M.Revolution西川貴教(45)が新恋人(当時)の菜々緒(26)に自分の愛犬だったトイプードルを“譲渡”したとか、3年交際するも結婚に煮え切らないV6の坂本昌行(44)からものまねタレント2世の清水良太郎(27)に乗り換えたうんぬん……。

 互いにスッタモンダを経験した末に結ばれた2人。はたから見るよりも強い絆で結ばれているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る