日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DAIGOとの結婚で気がかり 北川景子が抱える「マナー」の弱点

 来年1月に結婚することが明らかになった女優の北川景子(29)と歌手のDAIGO(37)。昨年11月に交際が報じられた話題のカップルが晴れてゴールインとなるわけだが、祖父に故・竹下登元首相を持つハイソな家柄で知られるDAIGOと結ばれる北川には、少々気がかりな“弱点”がある。テーブルマナーだ。

 2008年8月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「新・食わず嫌い王決定戦」でのこと。対戦相手の唐沢寿明(52)にサバの味噌煮を指名された北川は、口にサバを放り込むなり、ほおを大きく膨らませながらムシャムシャと言わんばかりにそしゃく。リスのように大きく膨らんだほおを見た視聴者の間で、<食べ方が汚すぎる>と大きな話題になった。

 11年5月に「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に出演した際も、ほおに詰め込んで食べる癖は直っておらず、視聴者の不評を買うハメに。おまけに北川は箸の持ち方が下手なことでも知られ、14年1月放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(同)では、いわゆる“握り箸”をしているところが映し出され、視聴者から<箸の持ち方がおかしい>の指摘が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事